”龍天門 ”恵比寿

恵比寿のホテルで広東料理ランチ

会社を経営する先輩と午前中恵比寿で打合せをしたあと雑談している時、どこの担々麺が一番美味しいかという話になりました。「阿吽」や「雲林坊」「桃天花馥香」「トゥーランドット臥龍居」「はしづめ」等の店があがりました。ちょうど昼時になり、食通の先輩が近くの美味しい担々麺をごちそうしてくれることになりました。どこかに予約をいれ、先に立って歩く彼の後についていくと、JR恵比寿駅からスカイウォークを渡り恵比寿ガーデンプレイスへ向いました。どうやらウェスティンホテル東京のようです。2Fの広東料理”龍天門”でした。予約の名前を告げてテーブルにつきました。オリエンタル風の落ち着いた雰囲気で、ゆったり広々としていて、平日に関わらず満席に近い入りです。ホテルでランチ価格帯高めなのに、集客力があります。しかもアルコールを頼まれる方が多くボトルで飲んでる人もいます。メニューは、単品でも最低2000円~・コースだと6.500円~だとやはりホテルの一流レストランです。

恵比寿の名店で裏メニューを堪能

メニューを探しましたが「担々麺」は載っていません。先輩はかまわずオーダーすると、ボーイさんも心得たようで笑顔で受けていました。確認すると公然の裏メニューだそうです。料理を待っている間に、ワゴンに乗って飲茶が回っており「黒豚焼売」680円を取りました。焼売は柔らかく上品でジューシー、中華街などで食べるのと違い美味しい。担々麺が運ばれてきました。見るからにクリーミーなスープの中ほどにひき肉の具、その上に細切りの白髭ネギが乗っています。たっぷり胡麻と胡桃の香りがするコクの深いスープは、後から山椒とラー油の風味、今まで食べたことがない味です。麺は極細でありながら腰があってツルツル、スープとあうな~。トッピングのひき肉は甘味があって合わせて食べると、濃厚でクリーミー・マイルドな辛さ、これに白鬚ネギが加わると完璧です。今まで食べた四川風担々麺とは全く別物でした。先輩が会計をしているのを覗いたら担々麺2800円!失礼いたしました。美味しかった~ご馳走様でした、堪能させていただきました。
龍天門
[店名]”龍天門 ”恵比寿

[URL]http://www.westin-tokyo.co.jp/restaurant/ryutenmon/

[住所]東京都目黒区三田1-4-1 ウェスティンホテル東京 2F


≪恵比寿で訪問した店舗一覧はこちら≫