五反田”平和軒”

五反田、玄人好みの味

仕事が早く終わり、五反田に来ました。グルメブログを書くようになってから、美味しい料理とか、新しいお店を調べることが多くなりました。Web系の仕事をしているので、インターネットで情報を集めるのは得意です。昔は、テレビ・ラジオ・雑誌等のメディアか、口コミで伝わっていくのが当たり前で、伝える人間の意向が大きく関わり、時間がかかりました。また料理なら、料理評論家といったそれぞれジャンルで、専門知識を持ったプロフェッショナルによって発信されていました。最近、事故現場でよく見かけるのが、通行人たちがスマホを構えて写真や動画を撮っている場面です。現代はリアルタイムで、精査されない情報が溢れているのです。仕掛ける側にとっては意外に操作しやすく、多くの人が、目立ったり派手な情報に踊らされているのが現状です。先日、ラーメン店主のブログに載っていた五反田のお店に興味を持って調べて見ると、食べログでは大した反応が無いのに、ラーメンマニアの何人もがチェックしている中華料理店でした。玄人好みのようで、是非食べてみたいと思いやって来ました。

五反田の中華料理

五反田の中華料理店は”平和軒”と言います。昭和2年にオーナー兄弟が創業しましたが戦争で焼失、屋台で商売を続け、40年程前に大崎広小路と西五反田に兄弟別々に出店したそうです。その後子供達が祐天寺と武蔵小山に出店しました。私が向かったのは西五反田店で、場所は五反田TOCビル(東京卸売りセンター)裏の路地にあります。絵に描いたような、昭和風中華料理店。店内に入ると、テーブル席が並び、小あがりもあります。テーブル席に座りメニューを見ると、ラーメン・ワンタン・五目そば等の麺類、焼売定食・レバニラ炒め定食など定食類、中華丼・親子丼など丼類、それぞれセットメニューがあり、かなり充実しています。「五目焼きそば+炒飯セット」1000円をオーダーしました。多数飾られている芸能人やスポーツ選手のサイン色紙を眺めていると着丼しました。とろみがついた塩味のあんの具は、豚肉・海老・白菜・木耳・人参・グリーンピース、麺は縮れ麺です。一口食べると、懐しい中華のあんかけ焼きそばの味。炒飯は米がパラパラで油っぽく無く、両方とも完成された定番の味です。最近は、スープや具に特化したチェーン店が多く、それはそれで美味しいのですが、”平和軒”のように毎日来たくなるような店は少なくなりましたね。安心して食べられる、美味しい街の中華料理、ご馳走様でした。
平和軒
[店名]五反田”平和軒”

[URL]http://r.gnavi.co.jp/emb4z4bv0000/

[住所]東京都品川区西五反田7-18-4


≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫