目黒”バーミヤン自由が丘駅前店”

目黒、自由が丘の夏祭り

週末、目黒の自由が丘にやってきました。目黒の自由が丘と言えば、ファッションとスイーツで女性に人気の街です。8月の第一土曜日、夏真っ盛りで、暑さのためショートパンツスタイルにしました。買い物が合ったので、自由が丘駅の裏側にあたる南口改札から表に出ました。この日の自由が丘は、いつもの週末に比べてかなりこんでいます。まず路地を抜けて、九品仏川緑道に出て、ウィンドウショッピングしました。この緑道の左右には、無印良品やGAP,
B’2nd等の洋服屋やカフェ花屋があり、細長い公園のような場所で、イベント時にはライブも行われています。目黒の自由が丘は、路線が交差していて、構造的に下北沢と似ている感じがします。駅を取り巻いて沢山の路面店が出店、ショッピングが楽しめます。違いは、下北沢の方が庶民的で、自由が丘には品の良い女性客や家族連れが多く集まる事でしょう。ぐるっと回って駅の正面口まで来ると、ロータリーに夏祭りの特設会場が組まれていました。道理でいつもの週末より人が多く集まっている訳です。目黒区自由が丘では、地元商店会が客寄せのため年に数回イベントを催していて、どれも盛況です。

目黒、自由が丘でファミレスランチ

目黒自由が丘の土曜日は、夏祭りの為かかなりの人手です。15時近くで、空腹を覚えて近くの飲食店を覗いてみましたが、どこも混雑していて入れません。手頃なランチを食べたいと思うと、牛丼店や蕎麦屋で少し物足りない感じです。スマートフォンでググってみて、土曜日でもランチメニューを出しているお店を発見したので、行ってみる事にしました。目黒 自由が丘駅北口から裏通りを歩いていくと、パチンコ店や蕎麦屋/ラーメン店を過ぎて、寿司チェーン”寿司ざんまい”に突き当たります。左折してすぐのビル2Fに中華ファミリーレストランの「バーミヤン自由が丘駅前店」があります。しばらく改装していたので、入店は久しぶりです。階段を上がると、トレードマークの大きなピンクの桃が出迎えてくれました。自動ドアをくぐると、入り口のエントランスに、店員さんが現れ席に案内してくれました。ファミリーレストランの一番の魅力は、テーブルが広い事、街の雑踏から抜け出してホッとしました。テーブルには、いくつかメニューが置かれています。ランチメニュー発見、平日+土曜日10時〜17時までやっています、便利ですね。ランチメニューは基本3種類、日替わり¥599-/中華一品ランチ¥699-/お好み麺ランチ(ドリンク付き)¥850-がそれぞれ数種類用意されています。席に着くとき、店員さんに日替わりランチは②番だと言われました。日替わりランチは②番は、「チキン南蛮+もちもち水餃子」で、写真で見ると一番魅力的だったので、オーダーしました。ドリンクバーで、水とカップスープをゲット、テーブルにメインディッシュとご飯が配膳されていました。ご飯はありがたい事に、大盛り自由です。卵スープはコクがあって、食欲をそそります。たっぷりのキャベツの千切りには、甘辛のドレッシングがかかってます。カラッと揚がったチキン南蛮にはタルタルソース。プリッとしたした、水餃子が2つ付いています。キャベツシャキシャキで、中華風のドレッシングがよく合ってます。香ばしいチキン南蛮、衣はカリッとしてますが、チキンは柔らかくて、噛み締めるとジュワッとシミでた油とタルタルソースが絡み合って美味しい!キャベツのドレッシングとも合うので一緒に、いただくと美味しさ倍増です。水餃子にはお醤油を垂らしてパクリ、厚めの皮がプリッとした食感で、具のバランスも丁度良い感じです。ご飯は大盛りで、良いくらいでした。自由が丘で¥599-、ゆったりランチが食べられるのは、ありがたいですね。

[店名]目黒”バーミヤン自由が丘駅前店”

[URL]https://www.skylark.co.jp/bamiyan/index.html

[住所]東京都目黒区自由が丘1-13-10 山田ビル2F

≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫